ABOUT

遠い、遠い 光のかけらを閉じ込めた 一粒の石

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠い宇宙の星たちから届く
光のかけらを閉じ込めたような輝き。

様々な表情を感じるその色や輝きは
あるものは銀河から飛び出した
数多の星たちを集めた玉虫色の色彩。

またあるものは月光を浴びた
水の底をゆらゆらと這う光の網。

 

質感・湿感が生み出す生命力

 

ガラスや樹脂をラメ・パール等で彩色。
無機質な素材に 光の彩色を施すことで
生命を宿したような 輝きが生まれます。

更に 石の表面をひとつずつ加工することで
頬がほんのり上気したような温かさと
湿感が生まれます。

 

皆が美しいと思える普遍的なデザイン。永く使えるデザイン。

アンティークジュエリー
皆が美しい と感じるからこそ
現代まで大事に受け継がれてきたもの。
そのように永く着け続けてもらえる
装飾品を作りたい。

手に取った時 着けた時 外した時
ふとしたシチュエーションで
「cuff-ifのアイテムだ」という迫力を表現出来たら。

それは、宇宙から来たアンティーク。そんなアートピーズ達を、あなたに。

 

 

 

大人世代の新定番、
着せ替え出来るイヤリング/ピアス

 

シーンに合わせて 自由に着せ替え

着せ替えシリーズのコレクションは、シーズン毎に新作を追加。

お気に入りをずっと使い続けながら
気に入ったアイテムを
追加でコレクションしていく、そんな使い方を想定しています。

例えば…出勤時はトップパーツのみを着けて、
夕方からのお出かけにはチャームを足して華やかに。

洋服を毎日着替えるように、
シーンに合わせて自由に着せ替えを楽しんでください。

 

使い方は無限大、着せ替えシリーズのチャーム達

 

 

 

 

 

 

着せ替えシリーズのチャームは、イヤリング/ピアス共通の仕様となっています。

ピアスもイヤリングも楽しみたい方に、自由に着せ替えが出来るのも魅力。

全てのチャームのコネクターは、丈夫なステンレス製。
お手持ちのフープイヤリングやピアス、ネックレスチェーンに1つだけ通したり、シンプルなチョーカーに通したり、と使い方は色々。

着せ替えチャームの数だけ、可能性が無限に広がります。また、プレゼントとしても喜ばれています。

金属アレルギー対策

アンティークジュエリーは、当時は有害と認識されていなかった素材を使っていたり、不純物が多かったり、経年により塗料が剥がれたり、とアレルギーの原因となるものも残念ながらあります。

金属アレルギー持ちである製作者の私自身、着用は出来ないアンティークジュエリーのコレクションが幾つも眠っています。

そんなアンティークジュエリーの雰囲気を持ったアイテム達を、「医療用ステンレス」をはじめとした現代のより上質な素材を取り入れて作っています。

アレルギーを気にせず、毎日気持ちよくお使いいただけます。

着け心地の良さを追求

「耳が痛くなる」「落ちてしまう」はイヤリング/ピアスの定番の悩み事。痛くなるのが怖くてアクセサリーを付けるのがおっくうな人も多いのでは。 cuff-ifでは「着け心地の良さ」を追求し、イヤリング金具やピアスキャッチにもこだわっています。

耳の厚みにあわせてしっかりフィットするバネ式のイヤリング金具はシリコンカバー付きで更に落ちにくく。

円盤状のピアスキャッチは、長時間でも耳に負担がかかりにくくて安心。

紛失の心配が無いよう、予備のシリコンカバーやピアスキャッチもセットにしてお届けしています。

 

……PROFILE……..

Designer/Maker…..Shoko

2017年 、「月光を浴びた水の底をうごめく光」をイメージに、独学でガラスや樹脂を素材にひとつずつ彩色し、手で磨き上げて作り出すテクスチャーの加工を施した石をメーンにしたアクセサリーの製作を始める。「月光を浴びた水の底をうごめく光」のイメージは宮沢賢治の童話「やまなし」より。

製作のきっかけは、自身が金属アレルギー持ちのため長年コレクションしているアンティーク/ヴィンテージジュエリーが着けられず、そういったコレクションの古いジュエリー達を一旦分解。その分解したパーツ達に、金属アレルギーでも使える、肌に優しい素材をプラスして新たなジュエリーや小物にアップサイクルしていたことから。

2017年 9月   「cuff-if」を立ち上げる
2018年 1月   ルミネ新宿にてPOP UP STORE
2019年 1月   福岡IMS(福岡市)にてPOP UP STORE
同          1月   名古屋PARCO(名古屋市)にてPOP UP STORE
同          10月   合同展示会「PLUG IN」(渋谷ヒカリエ9F ヒカリエホール)に出展
同    12月 銀座歌舞伎座にて期間限定取り扱い
2020年 1月  大島紬美術館(大阪府池田市)にて帯留めの取り扱いスタート

今後はポップアップ開催や取扱店開拓にも力を入れていく予定。

 

 

PAGE TOP